FC2ブログ

相も変わらずとりとめのない書き留め

  15, 2018 18:21
 ブログに広告が出てしまったのでなんか書くね。何を書こうかな。
 そうそう。この2年くらい、星座占いにいまいちぴんとこない。星座占いというか、運勢占いだろうか。上半期とか下半期と毎週だとか毎日だとかの傾向とか対策みたいなやつ。
 私は石井ゆかりさんの「蟹座」や「星ダイアリー」、鏡リュウジさんの「蟹座の君へ」の読者で、それなりに「星座占い好き」の人間であるけれど、ここ2年くらい、ぴっくりするほどぴんとこない。完全に人ごとだ。過ぎ去った時期の占いを読んでも、これから来たる時期の占いを読んでも「誰のこと言ってんだろ」って感じで、あの、運勢占い特有の(全人類をたった12個に分けてるわけだから仕方がないとわかっている)、漠然としたふわふわとした文章が頭を上滑りして入ってこない感じだ。
 星は、この世界を、宇宙を構成するモノのなかでも物理的にでかいし、自力で輝いたり反射して輝いたりするし、とにかく、これっぽっちも私の心身が影響を受けていないなんてことはあり得ないと思うのだけれど、だからこそ、たかだか「12星座」というおおざっぱな括りで、これまでの私やこれからの私を示すのは限界があるのだと思う。言葉を使って示すのなら、なおさら。仕方のないことなのだと思う。12星座の運勢占いは基本的に、私宛ての手紙ではないし、私のための地図や羅針儀でもない。当然のことだ。
 前にもどこかに書いた気がするのだけれど、私はあえて創作の表現手段として「言葉(文章、小説)」を選択している人間のくせに、言葉というモノを基本的に信用していない。これは他人の言葉を信じる信じないとかそういう話ではなくて、私は、言葉はどこまでも無力だと思っている。言葉にしてしまった途端に取りこぼしてしまう、消えてしまう、見えなくなってしまう言葉にならない何かが惜しくて悲しくて恋しくて延々と絶望している(そのくせ私の文章は蛇足と思えるほどに言葉を連ねて重ねてしまう。このあたりにも絶望する)。し、私は言葉そのものには何の力もないと思っている。その言葉を紡いで作る小説、物語も同様に。
 私の書いた拙い(けれど私にとってはいとおしい)物語を読んでくださった方が、「あたたかい気持ちになった」という感想や、時には涙を流してくれた、といってくださることがある。めちゃくちゃうれしい。ありがとう。でも一方で、別に私の言葉や物語に貴方の心を動かす力があったわけではないんですよ、と思う(あ、これもう何回もTwitterとかで言ってる話じゃん。10回はしてる気がする、ごめんなさい)。言葉や物語はあくまでもきっかけとか鍵みたいなもので、全てもとから貴方の中にある何かなんですよ、と伝えたい。貴方と私はもしかすると似ているのかも知れない、だから私の中にあるものの発露でもある言葉と物語が、貴方の内側に共鳴したのかも。でも貴方と私は(当然ながら)違う個体で、人間だから、全てが共鳴するわけではない。全く共鳴しない人の方が多いのだろう。いやめっちゃ当たり前のこと言ってるな、よくわかんなくなってきたけど。
 とにかく私は、(ことさらに私自身が発する)言葉は、どこまでも無力だと思ってるんです。だから(?)、星座の運勢占いにぴんとこないのは別に占い師さんたちがどうこうじゃなくて、単純に共鳴するパーツだか要素だかなんだかが、今の私にはないんだろうと思う。つい昨日おととい、友人と旅行をして「明日のこともわからないよね」って話をしました。明日は漠然と当たり前にくる気がする一方で、明日があるなんて保証がないとも思っている。今日がどれだけ幸せで満ち足りていても、明日はどん底かも知れない。逆に今日がめちゃくちゃ不調でも、明日は逆転ホームランな一日かも知れない。そもそも、明日はこないかも知れない。明日に突然世界が滅びてたって、全然おかしくない。私が今日にたどり着くまでに出会ってさよならしてきた一日、一瞬たちもさだかではない。そんな私に星占いが過去も未来も示してくれるはずがないのである。そりゃそうだわ。方位磁針も地図もなく天候の変化の激しい海をいつ沈んでもおかしくない装備の船で進んでるようなものだものね。目的地も特にないしね!
 たどり着いたところが、羽を休められるところが、たぶんわたしのパラダイスなのだ(本格的に何言ってるかわからなくなってきた)。まあ誰もこんな文章こんなところまで読まないでしょう知ってる。
 そういえば、 「手放せること」「離れても大丈夫なこと」が、私にとって、あえて言葉にするなら「愛情」とかいうたぐいの感情の、一つの区切りであるっぽいということを最近考えた。わかりやすいとこだと実家とか2年過ごした村(無論双方とも行き来はあるのだが)とか、半年に一回ふっと連絡を取り合って旅行に行く大学の友人だとか。点、点、と何かを手放して道しるべのように海に浮かせて、時々振り返っては(例え見えなくても)、それでもどこかにあるのだと、安心できている。今は割とそんな感じで、漂流人生を楽しんでいる。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New