FC2ブログ

#リプで来た単語をテーマに自創作を語る

  13, 2018 00:28
 かまってかまってーとTwitterでしたら、お優しいフォロワさんがかまってくださったぞ!わーい!ありがとうございます!いただいた単語は「宝石と歌」「民族」「雪」「風」でした。み、みなさま私が好きなものがよくわかっていらっしゃるぜ…。つらつら気ままに語ります。

■歌と宝石
歌といえば「響空の言祝」のハフリをはじめ、サイト初期に書いていた琉球風FT「碧海の彼方」にも、歌で海を鎮めたりする異能を持っている子(真喜里)がいたなあ…と思い返しつつ。あと「龍神あしび」のシギラも歌ってますね。わりと歌わせるのが好きみたいです。一方で、歌詞を考えるのは苦手です。歌鳥の民の歌とか、海神の歌とか、直視できないです。厳しい。
歌う。言葉を紡いでいるようにみえて、音律や感情を取り入れて、言葉を超えたところに手を伸ばす行為だなと思います。余談も余談かつ若干響空のネタバレですが、歌のシーンは天から降ってきた恵みを息で体に取り込んで、祈りと願いを混ぜ込んで歌として天に捧げる(奇跡を乞う)イメージでした。
宝石!これもよくモチーフにしますね。宝石というより鉱物かな。パワーストーンって言い方をするとちょっと安っぽいですが、地中などから長い時間をかけて生まれたあの美しい欠片たちに力がないわけないでしょう、という憧れめいた気持ちがあります。自創作では「龍神あしび」「揺りかごの庭」「奇石人形〜」あたりで使っていますかね。いずれも創作鉱物って感じですが。「奇石〜」は今後実在の鉱物も取り入れつつもっともっとキラキラ(物理)させていきたいなあと思っています。まずはプロットの練り直しからだ。

■民族
民俗学や文化人類学を専攻していた人間ではないので、専門知識は皆無に等しいのですが、それでも「異文化」に惹かれてやまない…。創作でも、響空の歌鳥の民はネイティブアメリカン、山烏の民はモンゴル圏の遊牧民、カントコトロはアイヌ風、龍神は琉球風…とあくまでも「風」「風」「風」でやってきましたが、資料に本を読んだりするのは本当に楽しかったですし今もそういった、いろんな民族衣装だとか生活だとかを紹介してくれる書籍は創作関係なしに好きです。そして不思議と、自分の中に専門的な知識が薄くても(無意識の知識の積み重ねかもしれませんが)、ふっと物語の彼らの生活に寄り添ってみると、服装にしろ生活の習慣にしろ、筋の通った何かや理由が見えてきたりするのが楽しいなと思います。南国とか北国も良いですね、山岳地帯もいいなあ…いつかそういったところで暮らす創作世界の子達に会えることを祈りつつ。
これまた余談ですが「色―世界の染料・顔料・画材 民族と色の文化史」を暇な時にぱらぱらみては幸せな気持ちになっています。資料関係の本は(完全に数年放置してますが)一部こちらに記録してあったり。ご参考までに(多分あまり参考にはならない。笑)。

■雪
雪のあまり降らない地域で生まれ育ちました。数年に一回冬に数十センチ積もってかまくら作るぞわーい、みたいな。その代わり、雪に関する記憶で鮮烈なのは、冬休みに祖父母の家(これもまたあまり雪の降らない地域です)の前の道で遊んでいたら、道の向こうからぶわっと風が吹いて、遥かに望む山からきらきらした雪が吹き下ろしてきたんですよね。私に向かって。それが私の中の雪の一番印象的な記憶です。正直ちょっと幻だったんじゃないかと思わなくもないんですけど。この辺は「奇石」の冒頭に繋がってる感じがします。
雪、つまり冬といえば作品としては「カントコトロ」になると思うのですが、そういえばあの物語北国のくせにあまり雪が降っていませんね…(降ったらリムセの道のりはより大変なことになっていたと思うのですが)。ただ、あの森のしんとした空気は雪の降った日の夜や朝を思い出しながら書いていた気がします。音があるのに静かなんですよね。雪に音が吸い込まれていくというか、雪が音を包み込むというか。目が覚めた瞬間に「あ、雪積もってるな」とわかるあの感じ。寒いのにまろやかというか、うまくいえませんが、そういう空気!を意識していました。
長野にきてからは雪に対する認識が変わりましたね…雪…お前…こんなに軽かったのか…という…笑(実家方面はべた雪でした)

■風
「風の描写が好き」っていって頂けるとうれしくなっちゃうマン。見えないものを見えない形で描けるのが文字の凄いところですよね…といいつつ私の風の描写は割とアニメ(とくにジブリ)に影響を受けている気がしなくも…ない…。あの、キャラクターの髪がぶわっと膨らむ感じとか(わかります?)。気に入っている風の描写は、響空のハフリがソラトに「俺の村に来ないか」と誘われる場面、ツムギと天馬に遭遇する場面、奇石の冒頭のラギと父親の場面…とかですかね。他にもいっぱいある気がするけれども。風を描く時はだいたい筆が珍しく乗っている気がします。淀みなく書けるというか、一番キャラクターたちと一体になれるというか…彼らと一緒に目を思い切り開けて風を感じてる、みたいな。好きです。
風といえば響空の青い小鳥・フウはまんま「風」からの名付けでした(そもそも鳥が「風真似鳥」でしたしね…)。あ、サイト名が「コトカゼ(言風)」です。これは何度か言っていますが、前サイト名でギリシャ語の「pneuma」を私なりに再解釈してみた言葉(造語ともいえない感じですが)です。だいぶ長く使っている名前になりました。
風は私の創作、そしてホームであるサイトにとってなくてはならないもののようです(ふふん)

語ったー!楽しかったー!ありがとうございました!
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New