登山

  25, 2017 00:06
DSC_2500.jpg

 7月18、19日に泊りがけで山に登りました。仕事で。
 正直登りの途中で「帰りたい」って思ったし足滑らせて沢に落ちるし右まぶたをブヨに刺されてお岩さんみたいな顔になるしで散々だったんですけど、山を登ってるときの「もう戻るわけにはいかない」「戻る場所なんてない」という気持ちと、どれだけ足が重くて一歩一歩踏み出すのに時間がかかっても、進んでいる限りいつかは目的地につくはずなのだ、みたいな執念がかった気持ちが印象的でした。あと頂上まで登ると気の持ちようが変わりますね。まだまだいけるぞ、みたいな気持ちになる(頂上なのにな)。
 10歳以上も若い子たちについて登ったんですけど、若い子すごい。元気。すごい。
 頂上から虹を見下ろしました。
スポンサーサイト

誕生日祝いのリプライへの返信

  07, 2017 23:14
主張に次ぐ大主張に反応してくださったみなさま本当にありがとうございました。
今週は結構仕事がハードで無事にお休みを迎えられる気がしていなかったのですが、あたたかいお言葉に支えられどうにか生きています!笑
ダウンロード (1)
追記にお返事を。本当にありがとうございます。

カクヨム企画と拍手返信

  02, 2017 17:11
23325714_p1のコピー
 ※カクヨムで自主企画始めました。画像クリックへ企画ページにいけます。
 よろしくね!

 先週更新した響空に拍手をたくさんありがとうございました。糖度高くなってましたかね!笑
 楽しんでいただけたのなら幸いです。追記に拍手返信置いておきます。

響空の言祝更新しました

  24, 2017 10:27
 書き終わった感想としては「すごい どうしよう いちゃついているだけだ…!」でした。
 もうこの話はソラトとハフリが仲良くしているだけの話なのだ、と思って、最終的にそれ以外の部分は(セトやキリのこと、歌鳥の民の文化のこと、ソラトの足のこと、フゥのこと)はばっさり切り落としました。のでほぼ100パーセント二人がいちゃついているだけです。これを糖度が高いと言っていいのかはよくわからないのですが、二人は悩んでも迷っても結局いつもこんな感じにおちつくんだろうなあと思います。自分からは手を離す気がない、つまり互いに手を離す気はない、ずっと一緒にいる、という図式。
 ソラトの我慢ゲージがふりきれる前に、ハフリが(無意識に)爆弾を投下してゲージを0にまで戻す…って感じです。ソラトは今まで色恋沙汰にあまり興味がなかった(=鈍い)たちで経験値も低いので行動に応用がききません。そのくせ経験値がないのでさらっととんでもないことをするし言っちゃうっていう…おまえ…。
 本編でソラトとハフリを見守ってくださった方々に「仲良くやっているようだよかった」と思っていただけたのなら幸いです。彼らの(推定3、4年後の)結婚式については拍手お礼で垣間見ることができますとこそり。
 次更新するとしたら、いよいよスオウとツムギの話になるかなと思います。

 拍手、いつもぽちぽちありがとうございます。励みをいただいています。
 今日はお休みなのでお家の大掃除をします。えいえいおー!

6/4拍手返信

  10, 2017 20:02
 先週「響空の言祝」更新してました。「きみのそばにいたい(1)」と題してあるとおり、(2)があります。多分2で終わると思うのですが…ちょこちょこ執筆中です。ソラトが初めてハフリに拒絶される話でした。Twitter見る限り結構笑っていただけたようで嬉しかったです。ソラトは健全な青少年だなと私も書いていて思います。好きな女の子が薄着でいたらどきどきしちゃうよね!
 
 完結直後はソラトとハフリは離れたらもっとお互いうじうじして関係をこじらせていくのかな(最後はおさまるとこにおさまるけど)…みたいな気持ちでいたのですが、相手の気持ちと自分の気持ちを疑うことはあまりしないタイプなのだなと最近は思っています。その代わりに「自分なんか好きになってもらう資格があるのか」みたいなことは度々考えていそうですけど(特にソラトが)。
 そういえば、響空の本編は、森と村の移動時間を除くと、2〜3ヶ月くらいの期間の物語でした。うち1ヶ月くらいソラトは外に逃げ出していますし、和解以降もあまり一緒にいる時間はとれなかったので、むしろこの二人がくっついたのはすごいことだな…若さだな…みたいな気持ちでいます。あるいは(個人的にはあまり使いたくない言葉なんですけど)運命みたいなものだったのかもしれない。
 今回の更新分でちらと書いてありますけれど、ソラト→ハフリは実質一目惚れでした。
 この二人は最終的には本能と感情で、一番シンプルでまっすぐな正解を選んでいくタイプだなと思います。
 赤い子と青い子はちょっと違うかな…今公開停止している「青藍と赤藍」は、「きみのそばにいたい」の手前の話になります。今年中にはもう一度手をつけられるといいのですけれども。

 のんびりいきます。
 追記に6月4日にいただいた拍手の返信です!ありがとうございます!

What's New