書きかけのブログ記事があったんだ

  18, 2018 22:50
 多分4月末に書きかけていたと思われる。そこはかとなくイタイタしいけど忘備録ってことで。

 *

 喪女こじらせここに極まれり、って感じだなと思うのですが、先週遊びに来てくれた大学の友人と「彼氏とか夫とか欲しいかって問われると、なんか違うんだよねー」って話をしました。
 結論としては「一緒の船に乗って同じ方向に進まなくてもいいから、遠くに姿を見つけて『あの人まだ沈んでない、頑張ってる。私も生きなきゃ』って思える程度の相手が欲しい」というところに二人で落ち着いたのですが、もう一人の友人(恋人と同棲中)に「そんな人いるわけないでしょ」と一刀両断されてしまった。笑 我ながら、理想が高いというか妥協したくないというか、なんだろうな。男女である以前に人間で人間である以前に生物で、星の、世界の一部でーーみたいな感覚に回帰したい気持ちがどうしようもなくあって(モテなさすぎておかしくなったのでは?と自分でも思ってはいる)、街コンも何回か行ってみたしやりとりして後日会った人も(一応な、一応)いる、けども、「男だから」と奢られたりするのはなんだかもやっとするし、(喪女だから思い込みか勘違いかもしれないが)男女の「そういう」雰囲気出されると「無理です」ってなってしまう。謎。いや全部私の勘違いの被害妄想かもしれないんですけど…うん、勘違いな気がする…(墓穴を掘ってうまる)。
 こんなことでうだうだ考えている私ですが、先日読んだ、村田沙耶香さんの「殺人出産」ががつんとよかったです(よかったと言っていいのか悩ましいんですが)。10人産めば、合法的に1人殺せる未来の制度を描く『殺人出産』。三人で付き合う恋愛が、若い世代でブームとなった世界を描く「トリプル」。性を排除した結婚生活を営む夫婦が、〈清潔な繁殖〉のために思わぬ事態を招いてしまう「清潔な結婚」。などの短編が収まった一冊。ぜひに。

 自分が作品を書こうとするときにも、随分とこう、性別とか性差とか性的指向とか性自認とか、そういうことががつんと重くて、消化しきれなくて、難しいなと感じるようになってきました。
 私自身は、性自認も女だし、身体の性別も女だし、多分ホルモン的な影響もあって性質も基本的に女性だし…って思ってはいるんですけど、上記のような自分の「わからない」部分も多々あるわけで。
 でも、小説で「男女である以前に人間で人間である以前に生物」っていう、男である必要も女である必要も、果てには人間ですらある必要もない、「何である必要もない(役割がない)」キャラクターって、基本的に成立しないじゃないですか。「何である必要もない」って「書く意味がない」(って言い方は極端だけど)ってことでもあるから。これが私としてはとても難しい。
 そもそも書いてないのであれなんですが、実は比較的最近の話ってどれも「3人」を軸に置いていたりします。これも私なりの思考実験の表出なのかも、しれない。まあそんな御託よりまず書け、とも思うのですが。多分書いてわかることがあるんだよね。でも「書く」までいかないね…(へたり)。
スポンサーサイト

写真展はじまりました+拍手返信

  12, 2018 21:26
20180412180836539.jpg

 ご縁あってお誘い頂いた写真展が火曜日から始まりました。グループ展なのですが、なんと写真のスペースはすべて私のスペースという豪華仕様…(展示がスペースに追いついていない状態)。
 既出写真ばかりですが、「わたしのかみさま」をコンセプトに、なるべく偶然に気負わず撮れた写真をCDケースに入れて飾ってみました。左から「blue」「red」「green」「light」「hands」がそれぞれのテーマ。CDケースに入れたのは、なんとなくコレクション感というか、宝物感を出したかったから、です…いちおう…(ごにょごにょ)。

 忙しさと体力気力のなさにかまけて準備を先送りにして、結局前日当日で用意した感じになってしまいました。反省しています。会場も市立美術館の市民ギャラリーなので、天井も高いし立派で、その上こんなにスペース頂けて、ほんと、もっと頑張ればよかったなあ…と思うのですが。だめでした。いろんな意味でだめだった。
 写真を見返したり選んだりしてるなかで、痛感&絶望したことは
 「展示に耐えられる写真がない…!!!!」
 ①解像度が足りない(SNSにアップロードして満足して元データを保管してない)。
 ②「印刷して展示したい」とまで思える写真がない。

 一眼を手にいれて早6年は経つし、それなりに枚数は撮っているのですけれども。
 写真を見返していると、思い出とかよりも先んじて、恥ずかしいくらいに自分の承認欲求とか「見栄えのする写真撮ったろ!」的な気持ちを感じてしまって、つらいものが…ありました…(撃沈)。
 展示した写真30枚は、かろうじて(ほんとうにかろうじて)下心がうすーくて、目にした瞬間、あるいはとっさにレンズを向けた瞬間をあざやかに思い出せる、そんな「わたしのかみさま」がいる写真たちです。

 きれいなもの、うつくしいもの。
 おちつくもの、やすらぐもの。
 すきなもの、いとおしいもの。
 心が震えて、レンズを向けたもの。

 写真と向き合いながら(準備の中でこの時間が8割占めてたと思う)、結局ひたすら自分と向き合っていた気がします。
ガーデンインユー」のあとがき記事にも書きましたけど、「かみ」さまっていうのは「か(が=我)み」さま=鏡なんだなという持論にまた確信が…(笑)。「我」が落っこちた、無意識の自分。私の知らない私。
 神社の御神体に鏡が多いのも結局そういうことだと思うんですよ(暴論(八咫鏡の謂れは百も承知でありますが)。
 いつだって何かと向き合ってる時、結局自分と向き合っているのだ…のだ…。

 話が大きく逸れましたが。反省をしまくりながらも貴重な機会をいただいております。
 15日まで展示していただいています。松本市立美術館です。いま草間彌生展がすごい盛況です。

 今週末来週末と大切な友人を家に泊めるので、この地獄のような部屋を今から片付けます。
 追記に拍手返信置いておきますね。動きのないサイトで申し訳ないのですが、お言葉の一つ一つが本当にありがたいです!

咲初小藤 小話追加

  13, 2018 21:32
sakisomeshin.png

 掌編も掌編ですが、咲初小藤に小話追加しました。カクヨムにアップしてサイトにアップしていなかった「からすこえなく」と「そのひぐらしの」です。後者は最近書いたやつだよ!
 自己満足なんですけど、咲初小藤の話のタイトルは①ひらがな7文字②ほんのりダブルミーニング(???)を意識しています。
 むらさくいろは=群ら咲く、紫
 こひしらずとも=恋、乞い
 からすこえなく=烏声、枯らす声
 そのひぐらしの=その日暮らし、蜩
 みたいな。ダブルミーニングというより言葉遊びですね。笑

 最新話は蜩の過去がちらっとだけ見えるお話でした。蜩は結局のところ、手を差し伸べてくれた人を失っている人、だったりします。だから高槻に手を差し伸べた時もきっと「別れ」や「喪失」を(高槻に負わせることを)覚悟していたし、サクが現れたことによって高槻がいずれ独りになる可能性が低くなったことを喜んでいると、思う。もちろんサクのこともとても大切に思っているし、一度失った「共にある人たち」をまた得ることができたのを幸せだと感じています。
 高槻には教えられないようないろいろな修羅場をくぐり抜けてきた人だとも思っています。笑

 咲初小藤は、もっと三人の「旅」を書いてあげたいと思いつつもなかなか起承転結のある話を書くほどの気力体力がないので、向こう数年はこうして小話を思いついては書いて…といった感じでしょう、多分。2012年にアンソロを発行して早6年経っちゃいそうですが、まだまだ私の中では色褪せない人たちです。

アイカツ武道館Day1 この出会いにありがとう

  06, 2018 00:55
 先月27日にアイカツ武道館Day1 !行ってきましたよー!ファイナルライブだと明かされる前からずーっと楽しみだった!仕事のお休みが確定してからは毎日カウントダウンしてTwitterでは一人お祭り騒ぎしてました…(笑)
 当日は泣いて笑ってペンライトめいっぱい振って、ご一緒した方と語彙力を失った感想をぶつけ合って都内のホテルでばたんきゅーでした。

 今もただただ「ありがとう」で胸がいっぱいなんだ。ありがとう、ありがとう。

 仕事しながら「もう1週間経ってしまったのか!」という気持ちと「まだ1週間しか経ってないのか!」という気持ちがないまぜ。車移動が主なので、ずっとアイカツ曲聴いてます。頭の中でも流れてます。フレーズを思い返しながら、大きく息を吸って胸を張って、背筋を伸ばして前を見る、の毎日。春めいてきた世界がいっそう輝いてみえる。
 アイカツの曲の歌唱を担当をしているSTAR☆ANIS(スタアニさん)とAIKATSU☆STARS!(アイスタさん)=本業アイドルさんたちは、今回の武道館ライブでアイカツというコンテンツから「卒業」という一つの区切りを迎えるわけなんですけれども、私はこれからもずっと、アイカツの歌曲に今までみたいにたくさん励まされて、支えてもらうんだろうなあと確信している。
 星宮いちごちゃん(初代主人公)歌唱担当のわかさんがライブのMCで私たちに伝えてくれたように「歌はずっと傍にいる」んだよね。なんて心強いんだろう!わー!(言葉にならない)

 誰に向かってこのブログを書こうかと考えていたけど、まとまらない。スタアニさんアイスタさんに感謝を山ほど伝えたいし、アイカツの好きなところもいっぱい書きたいし、まだアイカツを知らない方にも素敵なところを知ってほしい! くー!語りつくせるだけの語彙がないぜ!!!
 ただね、ただただ、事実として。
 今まで、予約までしてCDを買ったことも、ましてや同じアーティストのCDをずらっと揃えることも、はてにはライブに自分から「行きたい!」って思って実行したことも、一度もありませんでした。全部アイカツが初めてだった。

 アイカツは「子供向け」に作られたコンテンツです。大事なのは「子供向け=子供騙し」ではないところ。特に歌は本当にそう。全力なんだ。
 「好き? 好き! 声に出したら元気になる」「あの日があって今が最高になる」「夢は見るものじゃない叶えるものだよ」「自由な心であれ!正解は私が決めるの」ーー歌詞に、歌声に、パワーが満ちてるんですよ。未来に向かう強い意志。視聴者である子供たちに向けられた真摯な願い。
 「君たちが向かう未来は光に満ちているんだよ」という、子供たちがこれから向かう「未来」に(ひとまずは)たどり着いた大人だからこそ、子供達に示してあげられるメッセージ。そういうものがつまった、まっすぐな言葉がダイレクトに耳と胸に飛び込んでくる。
 まあわたし、子供じゃないわけですが。笑 でも(一応)大人になった今だからこそ、いっそう誠実な「未来讃歌」に胸打たれてしまうんですよね。実際、この「未来讃歌」は、ままならないことがたくさんある現在(子供達にとっての未来)にいる大人の、精一杯の強がりなのかも知れないとも思う。でも、強がりも貫き通せば真実味を帯びて、気づけば本物の「明るい未来」につながるんだと思うんですよ。うまく言えないけど、そう思うんです。
 そういう未来への可能性を、未来につながる今を踏ん張る力を、アイカツの曲はわたしにいっぱいくれました。

 曲を生む源になったアニメを作り上げた皆様、作曲作詞に携わった皆様方、
 そしてなにより、詞を声で歌にして私に届けてくれた、スタアニさん、アイスタさん。本当に、ありがとうございます。
 わたし、武道館で、これから新しい未来に向かっていくみなさんに、ちゃんとエールを送れたでしょうか。今までいただいたものを、少しでも返せたでしょうか。返せたらいいなあ…。


 肝心の武道館ライブそのものにあまり触れてなかった。笑 
 ライブの感激は昨年のミュージックフェスタの記事でも書いている通りなんですけど、去年聴いていた分、さらにアイスタさんたちの歌声(見に行ったのがDay1だった)がパワーアップしているのがわかって、めっちゃぶるぶるした(また語彙力皆無の表現を…)。
 わたしがアイカツと出会って数年間、田舎暮らしや就活や就職で疲れた時にエンドレスリピートしてきた曲の数々を(まさかの)余すことなく聴けて、泣きました。特に「スタージェット!」「START DASH SENSATION」「スタートライン!」「Good morning my dream」の4曲(みんな聴いてくれ)。
 一番瞬間的にぶわーって泣いたのは「Signalize!」でゆなさんがピエロカーニバル風コーデ(かえでドレス)で出てきてくれた瞬間だったのはご愛嬌で。ゴスマジ風ドレスのれみさんと二人で大画面に移った時、奇声をあげた末言葉を失いました。笑

 順不同で思ったこと書いちゃうね。書ききれないと思うんですけど。
 せなさんが「スタージェット!」をソロで歌ってるのを見て泣いたし(去年の「来年の今頃どんな景色見つめてる」の「今」がこの瞬間なんだと思って、また泣けた)、るかさんが画面のあかりちゃんと一緒に「START DASH SENSATION」を歌い切ったのにも(あかりちゃんとるかさんの歩んできた道がシンクロして)泣いた。
 わかさんふうりさんの「フレンド!」最高に胸熱だったし、ゆなさん、えりさんのドリアカソロからの「ドリームバルーン」には心が踊りまくってしまった。
 れみさんえりさんのコンビの「恋するみたいなキャラメリゼ」は超絶に可愛すぎ。ふうりさん、れみさん、みきさん、ななせさんの「虹色アンコール」は反則!元気がでちゃう。とくにひなきちゃんの声のみきさん、大好きです。あとさ!ななせさんの小春ちゃん姿、丸メガネと合わせてキュートすぎるでしょ。
 るかさん、ななせさん、みほさん、かなさんの「episode Solo」はどうしてあんなにもかっこいいんだろう。わたしも強くなりたいって思える。わかさん、るかさん、せなさんの「アイカツメロディ」、優しくてあったかくて星と大空と虹とが繋がって、私たちを包み込んでくれるのがわかった。りえさん、どこからどう聴いてもスミレちゃん(もちろんローラでもあるわけだけど)で、「硝子ドール」も「タルト・タタン」も痺れてしまった。りささんの「The only sun light」は会場が真っ赤に染まって、すごくかっこよかった。新衣装もりだくさんでたぎった!!とくにかなさんのモフモフモンスターのしっぽ!(笑)かわいい。ドレスどれもキラキラしててサイコーだった!
 りすこさん、れみさん、ゆなさんのトライスターの「Take Me Higher」、生で聴けて本当によかった。CD音源で聴くとどうしてもこの曲は「美月さんの曲」のイメージが抜けなくて。それが、お三方が生で舞台で歌っているのを聞いて初めて「3人の曲だ。3つの星が輝いてうたってるんだ」って感じられた。すーっごく嬉しかった。
 そして「AIKATSU GENERATION」。
 本当に「この出会いにありがとう」…。



 ぜんぶがぜんぶ言葉にならないよー!!!

 今更なんですけど上部(?)の写真はいわゆる銀テープ!です!(今回武道館に行って初めて存在を知った)そう、アリーナ席だったんですよ今回。後方だったんですけど、思っていたよりずっとステージに近くてびっくりしてしまった。
 テープの色は、わたしが緑をゲットしてたんですけど、ご一緒したお姉さまがオレンジをゲットして「かえでちゃん(わたしの推し)色だから半分こにしよう」と提案してくださったという。女神。「銀テープ 保管」で検索かけて、翌日に渋谷のタワレコに銀テープホルダーを買いに行きました。笑 宝物!
 
 長々書いてしまった割にまとまらなかった…けども!

 STAR☆ANISの、わかさん・ふうりさん・ゆなさん・れみさん・えりさん・りすこさん・るかさん
 AIKATSU☆STARS!の、みきさん、みほさん、ななせさん、かなさん、せなさん、りえさん(そしてるかさん)
 一足先にご卒業された、すなおさん、もえさん、もなさん
 マスカレード担当ででんぱ組.incのりささん、えいみさん

 素敵な歌声を届けてくれてありがとうございました。みなさんの歌がこれからも「私の味方」です。
 私もみなさんの味方でいます。きっと皆さんはいつも私よりずっと先を走っていくだろうけれど、付いていきます。いつでも背中を押せるように。
 たくさんのありがとうと、これからもよろしくお願いします、と「大好き」を込めて。
 夢のような一日をありがとうございました。

 アイ!カツ!アイ!カツ!

 2018.3.6


大好きなかえでちゃんのフラワースタンドと。会場のお花が本当にアイカツ愛とスタアニさんアイスタさんへのありがとうに溢れていて、私まで幸せな気持ちになりました。
もってるエンジェリーベアはご一緒したお姉さまのだよ!(笑)

今年の創作と10周年記念冊子のこと

  16, 2018 22:18
DSC_8217.jpg

 ブログを書こう書こうと思っていたら2月も後半に入っていました。なんてこったい。
 創作してません。
 創作を「しなきゃいけない(創作なしじゃ生きていけない)」なんてことは欠片も感じないし、私にとってそれこそ「あり得ない」ことなんですけど(実際創作してないときの方が心身が健やか…)、やっぱり創作が好きではあるので「好きだけど進まない(できない、行動に繋がらない)」は多少ストレスー!な日々を過ごしています。仕事は楽しいゾ。

 今年はおそらくサイトはほとんど動かせないのではないかなあと思っています。予定としては、

①ありがたくもお誘い頂いている合同誌(おそらく2つ)に寄稿する作品を仕上げる(絶対にだ)

 が最優先事項で、あとはサイト10周年企画として、

②10周年記念冊子を作る
③イベントに出る(でたい)
④金の台銀の杯に手を入れて再公開

 あたりが密かな目標です。記念冊子はとにかく書いたものを全部ぎゅぎゅっと詰め込んじゃおうと思います。

・コトノハ
・片羽蝶
・たゆたう、そらのさかな。
・とびつづける、あかいとんぼ。
・せんろむこうの、わらうねこ。
・さびしがりやじゃ、ないうさぎ。
・くじら、うみをきく。
・カントコトロ
・咲初小藤
・繭に紅
・センシティブ・ブルー
・龍神あしび
・揺りかごの庭
・(ガーデンインユー)仮 ※アンソロの在庫次第

 草冠を亡くすだけ、とか、コメット・カレット、とか、掌編はどうしようかなあと悩んでいるところです。もしお好きな作品で収録希望のものがあったら、拍手などでこそっと耳打ちしてください。
 作品によってはいずれ続きを書いたり、長編化するものもあると思いますが、どの作品も書いた当時からだいぶ時間が経ちました。あの時と今では、設定や世界観を同じくしても書けるもの、書きたいもの、見えているものが違っているなと感じます。この先改めて大きく手を入れるとなるときっと別物になってしまうなと思う。
 「揺りかごの庭」なんかはまさに今「奇石人形は法の書の夢に眠る」と改題して書いていますが、冒頭文が気に入りすぎてる故に固執している部分もあって。笑 一度切り離したいなと思い、収録することにしました。「とびつづける〜」なんかは同人誌で公開している「flシリーズ」の雛形です。
 この10年の忘備録、のようなものだと思っていただければ。あ、でもどの作品も(とくに中学生時代に書いたものは)いろんな意味で恥ずかしいので、手を入れさせてください…笑 なるべく当時の痛さもイタさも残しつつ、形を整えてあげたいと思っています。

 調子に乗ってお祝いメッセージとか募集しちゃう?とか思ったのですが、いつも頂いている温かいお言葉にすらきちんと報いることができていないので、やめておきます…。そう、お言葉といえば。先日サイト開設時から頂いた感想を集められるだけ集めて読み返したんですよ。ぶわっと泣いてしまいました。一つ一つのご感想が一つの作品みたいで、こんなに言葉を頂いて、私も物語も幸せだなあとしみじみ。本当にありがとうございます。自分用に冊子にして記録しておこうかなあと思っているところです。ありがとうございます。

 写真はTwitterやインスタにも載せたのですが、白鳥の羽です。マイブームです。
 あ、4月にまつもとしびじゅつかんでやる写真展にありがたくも混ぜていただくことになりました。まだコンセプトも決まってないし準備もできてないやばい。がんばります。

What's New